2015年7月11日(土)15:00開演
コンサートドラマ「ピアノのはなし」
大阪・茨木市クリエイトセンター公演によせて


『記憶と記録のはざまで』 中西和久

 このお芝居の元になったのは1990年に放送されたKBC九州朝日放送のラジオ番組「ピアノは知っていた~あの遠い夏の日」です。佐賀県鳥栖小学校には戦前からドイツ製のフッペルのグランドピアノが置かれていました。が、老朽化してついに廃棄されることになったのです。そこで、戦前からこの小学校で音楽の先生として勤務された上野歌子さんが、このピアノにまつわる思い出を全校生徒に話され、それが放送されたのです。でもこの番組は、深夜放送でした。翌日の地元の新聞には博多の歓楽街が大渋滞になったとの記事が載っていました。このラジオを聴いていたタクシーの運転手さん達が「ヨカ番組のありよるバイ」と無線で知らせ合って聞き入っていたのです。
 物語はこうです。昭和20年5月、二人の特攻兵が小学校にやって来ました。二人は東京上野の音楽学校ピアノ科の学生でした。「僕たちは明日、沖縄に向かって飛び立ちます。先生、死ぬ前に一度だけ思いっきりピアノを弾かせて下さい。」音楽担当のおなご先生は、早速ベートーベンのピアノ曲集を手渡しました。静かな体育館にピアノソナタ「月光」が流れていきました。
 翌朝、2機の戦闘機がこの小学校の上空をぐるっと一回りすると翼を振りながら南の空に消えていきました。

 僕は「戦争を知らない子ども達」の一人です。記録や情報として戦争を知っているだけで、未経験です。たぶん辛い記憶や経験は早く忘れることで、人は生きていけるのかもしれません。それが知恵なのかもしれません。「戦争は最大の人権侵害」といわれますが、その「記憶の風化」は年を追って激しさを増しているようです。しかし、人権侵害はそれを受けた人々の記憶の中に生き続けています。同じ過ちを繰り返さぬ為に記録を記憶にして次の世代に繋いでいくこと。それが俳優としての僕の仕事でもあると思っています。